「HULFT」販売開始

2012年4月5日ニュース

英国・欧州市場に向けてミドルウェア「HULFT」を販売開始
~株式会社日立システムズと販売代理店契約を締結~

NEWTON Information Technology Ltd.(代表取締役社長:森本 健至良、本社:ウェンブリー/以下、NEWTON)は、株式会社セゾン情報システムズの企業内・企業間データ連携ミドルウェア「HULFT」の1次代理店である株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と、「HULFT」の販売代理店契約を締結し、英国をはじめとしたヨーロッパ市場向けに「HULFT」ビジネスを本格展開します。

NEWTONは、英国および欧州の日系企業に向けて、日立システムズと連携して「HULFT」を拡販するとともに、HULFTを活用したデータ連携基盤構築サービスやBCP対策サービスなどを提供します。また、日立システムズが展開するグローバルITサービス「GNEXT(ジーネクスト)」など、関連ソリューションの提供についても支援してまいります。
企業内・企業間データ連携ミドルウェア「HULFT」は、6,900社を超える企業への導入実績があり、データ連携ミドルウェアのデファクトスタンダードです。メインフレーム、UNIX、Linux、Windows®など異なるプラットフォーム間で、財務会計データや生産管理データなどのファイル転送をセキュアかつ容易に行うことができるほか、複数拠点からのデータ収集などの用途にも活用できます。

一方、英国は欧州における本社機能を持つ企業が多いことに加え、世界有数の金融都市であるシティには約3,000社の金融・保険業が拠点を構えており、英国をハブとしたデータ連携基盤の導入に対する需要が高まっています。そのような需要の高まりに加え、EU域内という視点では、2005年から域内上場企業にIFRS適用が義務付けられており、確実で効率の良い財務データの収集方法が求められています。さらには、中東欧地域には製造業をはじめとする多くの企業が進出し、サプライチェーンの一翼を担っていることから、拠点間でのシステム連携ニーズを視野に入れたビジネス展開が想定されます。

こうした背景から、NEWTONは、HULFTのファイル転送機能やデータ集配信機能に着目し、日立システムズと連携して、金融・保険業向けにHULFTを活用したBCP対策サービスやデータ連携基盤構築サービスなどを提供します。

今後もNEWTONは、在欧日系企業を中心に、IT基盤の構築や基幹業務システムの構築、運用支援、事業継続計画
(BCP/BCM)策定サービスを提供し、事業拡大を図ります。

お問い合わせ先

Newton Information Technology Ltd. Sales & Marketing Group
Email:sales@newtonit.com
TEL: +44 20 8782 1920(受付時間:英国時間9時~17時/土・日・祝日は除く)

*Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
*HULFT、その他HULFT関連製品は、株式会社セゾン情報システムズの登録商標または商標です。
*記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

販売対象国

欧州全域

企業内・企業間データ連携ミドルウェア「HULFT7e」について

「HULFT7e」は、TCP/IPプロトコルを使用した企業内・企業間データ連携ミドルウェアである「HULFT7」の英語版です。「HULFT7」と同一のプロトコル・機能を保有し、海外拠点とのスムーズな接続を実現します。企業内のデータ連携はもちろんのこと、企業間でのシステム連携のためのソフトウェアとして、多くの企業のシステム間連携に関わる問題解決の一手段として利用されています。

「HULFT7」および「HULFT7e」は、株式会社セゾン情報システムズの製品です。

詳細はこちらをご覧ください。

グローバルITサービス「GNEXT」について

「GNEXT」は、海外へ進出を検討されている、また進出中および事業拡大を目指している企業のためのグローバルITサービスです。お客さまのグローバル事業展開におけるお悩みに対して課題を共有し、解決のお手伝いを致します。従来からあるクラウドサービス、パッケージソリューション、ネットワークサービス、運用サービス等のITサービスの提供のほか、日立システムズと取引のあるコンサルティング会社や法律事務所、会計事務所と連携し、日本同様の品質サービスで、海外進出、拡大をトータルにバックアップさせて頂きます。

詳細はこちらをご覧ください。